04日 10月 2020
ぼうぼうに生えたミョウガの幹を少し早いが下から刈り取った数日後、妻が珍しい物を発見した。 良く見るとミョウガの種らしい。ミョウガが好きで長年育ててきたが初めて見ました。 ミョウガは花が咲き始めると、ミョウガ畑に足を入れる事もないので気付かなかったのも当然の事。 真っ赤になったミョウガに真っ白い種、思わずシャッタ-を押しました。
23日 9月 2020
赤い花なら曼珠沙華オランダ屋敷に雨が降る・・・と唄われて居るが、我が家の庭には白い花の曼珠沙華が咲いてます。 好きな人また嫌いな人も多く奇妙な花ですが、重なり合って咲く花の中から、6本の雄しべがそっくり返って天を仰ぐ様はきれいで私は好きです。
15日 9月 2020
 無数のトンボが網から出られず、疲れ切ったのか羽根を休めていた。 余りの数に思わずシャッタ-を押す。 田植え後に産卵し、稲が育ち鳥よけに網を張ったころヤゴからトンボに帰り、大空をめざし飛び立ちはしたものの・・・ トンボはがっかり、稲穂も首を垂れていた。
22日 8月 2020
木葉天目上絵焼酎カップ
17日 8月 2020
 サトイモの花は非常に珍しいと言われます。 サトイモは熱帯植物なので、暑さや日照条件によって咲くと言われますが 私の畑では数年前から毎年咲いてます。  種芋として親芋は使用しませんが、数年前の事、捨ててあった親芋の葉 が元気よくのびのびとしてたので移植したところ花が咲きました。...
10日 8月 2020
羽根が乾くまでは近づいてもジッと動かず
25日 7月 2020
 淀井 敏雄のブロンズ像 鳥と少年シリ-ズの1作  足柄上郡松田町健康福祉センタ-にて
24日 7月 2020
今年は雨天続きで花数が少ない 梅雨明けを期待するがそれにしても・・・・
22日 7月 2020
 遠い昔の事、私の故郷ではネムノキを抹香の木とよんでました。 お盆が近づくとネムノキの葉を取り、天日で乾燥し手もみを繰り返しながら粉にして抹香として使用しておりました。 お盆には、村中の家々から木の葉のやさしい香りがなびき、浴衣姿の子供たちが楽しげにはしゃぐ姿が今も思い出します。 余りの懐かしさに何十年ぶりに作って見ました。
22日 7月 2020
 写真右はネムノキの葉で作った抹香にタブ粉(タブノキから作った粘結材)を50:50で練り上げて作ったお香  写真左はネムノキの抹香(作って2~3年は緑色してます)

さらに表示する